ランニングを習慣に取り入れてダイエット







効率よく最短・最速で理想のカラダを手に入れたい方にDCH ディープチェンジHMB

■目次

■楽しくランニングしてダイエット
■ランニングダイエットの目安
■ランニングダイエットを成功させるためには

■楽しくランニングしてダイエット

 

長続きできなければ、ランニングダイエットは効果があがりません。苦痛に感じることをしたがる人はいませんが、ランニングには過酷で辛い印象が拭えませんよね。
ですがもし楽しくランニングできたら、ランニングしなければならないという気持ちよりも、ランニングしたいと思うようになるでしょう。

まずは自分のペース、スピードで走ることが楽しいランニングにつながります。
ダイエット効果を求めるならば、本来の自分のランニングスピードよりむしろ心もちゆっくりにすることが意外と大事なのです。
そうすれば時間をかけて走り込んでも苦痛が少なく、最終的には長い時間を走れるようになります。

有酸素運動をしたいならば、ランニングやウォーキングがお勧めです。
ダイエットには効率よく有酸素運動を取り入れた方が、健康的で効率よくダイエットができます。

健康面を全く考えないならば食事を減らしたり食べないことでダイエットは可能ですが、いい方法とはいえません。

ですが食べることは生きる為に必要なことですが、何の制限もなく必要以上に食べてしまってはダイエットには良くないことはもちろん、生活習慣病を引き起こすことにもなりますから注意しなければなりません。
リバウンドにも気をつけなければなりません。ダイエットはとかくストレスが溜まりがちですので、十分に気を配りましょう。
日々のランニングで効率よく有酸素運動を行い、健康的な生活習慣を維持しましょう。

摂取カロリーと消費カロリーを適正にコントロールすることで、ダイエットは簡単に成功します。
ランニングを毎日の習慣にし、楽しくダイエットを続けたいものです。

■ランニングダイエットの目安

 

さて、どのくらいのランニングでダイエット効果を期待できるのでしょうか。

ほとんどのダイエットのコンセプトは、脂肪を減らすことで体重を減らすことです。
ランニングダイエットでは、脂肪を燃焼させるために必要なだけの酸素を
有酸素運動によって得てダイエットの効率を上げることを意図しています。

1キロのランニングによる消費カロリーは、体重1キロあたり1キロカロリーとされています。
つまり体重70kgの人が1km走って70キロカロリーという事です。

効率よく最短・最速で理想のカラダを手に入れたい方にDCH ディープチェンジHMB

ランニングに割り振る時間や生活サイクル、走るペースなどから一度に走る距離などを決定します。慣れるまでは無理のない範囲で行うと長続きします。
短くとも20分は休憩を入れずにランニングを続けましょう。

脂肪を燃焼させるためには、20分以上の連続した運動が必要だといわれています。ランニングダイエットを始めて間もない人は、ランニングとウォーキングを交互に取り入れることがおすすめです。

ただし、ランニング中に止まってしまっては意味がないので、ウォーキング時でも早めのペースで、散歩のようなのんびりした歩き方にならないように気をつけながらウォーキングをします。
ランニングダイエットは、ランニングすることにより、心肺機能が高まり、強い体をつくることができます。
ランニングダイエットをする時は、生活習慣の中にうまくランニングの時間を作り、ペース配分や時間を自分なりに調整するといいでしょう。ランニングするコースもお気に入りを見つけたいものですね。

■ランニングダイエットを成功させるためには

 

やはり目標を立てることが、成功の秘訣です。
ダイエットは自分自身との闘いですよね。大きな目標の他に小さな目標を作り、短いスパンを視野に入れた目標を作って順番にこなしていきましょう。

気持ちの上でも勢いがつきます。
目標達成の喜びを胸に、次へ次へと目標を変えていくという仕組みです。
最終目標を達成するまでの期間を幾つかに区切り、個別に具体的な短期目標を立てます。

最終目標までの期間は長めにして、短期目標は具体的にするといいでしょう。
10日間で消費したいカロリーはどの程度で、そのためにどれだけ走るかなどです。

そして、1ヶ月後の自分はどれだけ走っており、体型はどのようになりたいかを思い描いてみましょう。成功イメージを持つことです。
目標を定め、張り切ってダイエットをはじめることはいいことですが、急激な運動は逆効果です。

健康診断や人間ドックに行って、自分自身の健康状態を確認することも大事です。
すぐにランニングを始めるのではなく、ランニング前のウォーミングアップを念入りに行ってください。夏などの暑い時期はこまめな水分補給も大事です。

それ以外の時期でも、水分はきちんと摂ってください。スポーツドリンクなどを忘れずに、必ず携えましょう。
家族の応援や、一緒に頑張る仲間がいると張り合いも出ます。一足飛びの結果を求めず、気を長く持って取り組めば成功は目前です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。