玄米をお米に混ぜてダイエットの効果は本当にあるのか?




■目次

■玄米ダイエットを日常に取り入れる
■発芽玄米のダイエットの威力

■玄米ダイエットはこんな人におすすめ

■玄米ダイエットを日常に取り入れる

 

毎日の食生活に、白米を使うのではなく玄米を取り入れるとそれだけでダイエットになるのは知っていましたか?

それで得られる効果は、ダイエット効果のほかに血流や肝機能をよくしたり、精神を安定させる作用があります。
玄米は白米よりも食物繊維を含んでおり、栄養素としてミネラルやビタミンB群、それからギャバなども含んでいます。

しっかり栄養を摂り、便秘を解消し、無理なくダイエットできるという玄米ダイエットは、単純に白米の代わりに玄米を使用するだけの簡単ダイエット方法です。
ただし、玄米ダイエットはじっくり長期的に行うダイエットなので、即効性を期待する方法ではありません。

時間をかけて体質を改善していきながら、健康的にダイエットを行うのが玄米ダイエットなのです。

玄米を食べ始めて1~2週間もすると、だいたいその効果が出始めます。

知らず知らずのうちに体調が良くなり、体重も減り出しているというケースが多いようです。

玄米には独特な香りがあるので、その香りが気なるという人は、白米をいきなり全部玄米に切り替えると苦痛になってしまうかもしれないので、少しずつ増やして慣れるようにするといいでしょう。

玄米は白米よりも消化が遅いので、満腹感を維持することができ、空腹感によるストレスが少ないのが特長です。
これならば難しいことはなく、楽しく玄米ダイエットができるでしょう。

玄米はダイエット効果だけでなく、豊富な栄養分の働きによって病気の予防もしてくれます。

■発芽玄米のダイエットの威力

 

玄米ダイエットをしたくても、玄米が苦手だからという人は、発芽玄米を使ってみることをお勧めいたします。

さて、玄米と発芽玄米って何が違うのでしょうか。

発芽玄米は玄米が0.5~1mm発芽したものですが、その少しだけ発芽したところがポイントで、玄米の栄養素をぐんとふやしているのです。
食感も玄米よりやわらかく、玄米以上に栄養があり、ダイエットにも健康にも注目されている食品です。

発芽玄米は白米と一緒に炊くだけですが、白米をといだら発芽玄米はとがずに軽くすすいだだけで混ぜるところが注意点です。
栄養素がたっぷりついた米ぬか部分をそのままにしておくために、とがないようにすることが大切なのです。

玄米の栄養素の1つに、神経の高ぶりを抑制するギャバという成分があります。
玄米が発芽すると、このギャバが大幅に増えるところが特徴です。

ギャバといえばイライラを抑え、不眠症にも効果がありますね。
ギャバの効用は、そのほかにも血圧の上昇を抑えたり血液をサラサラにしたりし、また肝臓、腎臓の機能を高めコレステロール、中性脂肪の増加抑制などもするのです。

ギャバの成長ホルモンの分泌をよくする力は、細胞の新陳代謝をよくして美肌効果を生むことにもつながります。こんな美肌効果もある発芽玄米は、カロリーが白米よりも低く、ダイエットには最適ということになります。

■玄米ダイエットはこんな人におすすめ

 

ダイエットはカロリーコントロールが基本ですが、量を減らすだけでは空腹感を避けることはできません。

適度な満腹感を維持しながら、無理なくダイエットしていく方法としては、玄米ダイエットがお勧めです。

ダイエットの目的は、単に脂肪を減らしたいからではなく、もっときれいにスリムに、と願う人がほとんどでしょう。
玄米ダイエットを行うと、便秘が解消され、肌荒れや吹き出物なども改善されるという効果もあるのです。

体重が減るだけでなく、体質が改善されたり成人病を予防することができるのが玄米ダイエットなので、できれば毎日の生活に取り入れるようにしましょう。

玄米のさまざまな力は、豊富に含まれている食物繊維の働きにほかなりません。
玄米にある不溶性食物繊維は噛みごたえがあるため、しっかりかまないと飲み込めないのです。

しっかりかむことで満腹中枢が刺激されるため、満腹感が得られるのです。
食物繊維には腸のぜん動運動を活発にする働きがあるため、便秘が改善されるのです。

便秘が改善されると毒素が排出されて新陳代謝も活発になり、肌もきれいになって健康な体につながっていきます。玄米にはビタミンやミネラルも豊富に含んでおり、造血作用や抗酸化作用などの働きをしてくれます。ダイエットだけでなく妊婦、授乳婦、貧血で悩んでいる方にもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。