BMI値から自分の体型が標準か肥満かを診断しよう

男と女の価値はカラダが決める。パーソナルジム【ビースリーフィット】

■理想の体型を診断

 

自分の体重が多すぎるか、ちょうどいいかを知るために、体型診断を受けたいという人がいます。

外見の美しさは、体重を減らせば体が細くなって得られるという考え方もありますが、けっして美しいプロポーションとは身体が細くなることはつながってはいないのです。

くびれと膨らみのメリハリや、身長とのバランス、顔や肩などの各パーツの比率も大事です。

体型の診断は、何を基準にしたら良いのでしょうか。

 

美しい体型を診断できる、はっきりとした基準は実はありません。

何をもって理想の体型にするかは、地域や時代の価値観によって違います。

スリムなことを理想体型とする傾向が、現在の日本の女性にはあるといえるでしょう。

最近では、学生の平均体重が過去最低とも言われており、スリムブームは高まるばかりです。

 

 

反対に体型の診断がふくよかさが女性の美しさにつながるという基準で、外国ではされてるようです。

日本の理想体型として好まれるのは、モデル並みの細さです。

そうはいっても調査結果には、スリムなだけではなく、適度にメリハリがある体型を男性が女性の体型に求めているいうものもあるといいます。

理想体型の体重は、医学的には低体重で健康に問題かあるとも言われています。
理想体型を診断するのに、最近では、ウエスト、身長、スリーサイズなどから割り出した一定のバランスで検討する方法もあるようです。

■標準体型の診断

 

体型診断を客観的に見た時に自分の体型はどうなのかを知りたくて、受けたいという人は多いのです。

体型診断が無料でできるサイトが、インターネットにはあります。

体重、身長を入力するだけで体型を知ることができたり、ダイエットのアドバイスが受けられたりします。BMIは体型診断によく利用されている基準です。

 

BMIとは体重身長身長で算出できる数字で、BMIが18.5~25が標準的な体型です。

筋肉量が多い人、水分摂取量が多い人などは、身長と体重だけで計算して出した数字なのであてはまらない場合もあるでしょう。

 

BMI18.5~25は見た目が標準的に見える体型というわけではありません。
いちばん健康的で、病気にかかりにくいと、医学的に見たときに定義される体型のコトです。

 

現在の日本人の基準で診断した場合、標準体型はややぽっちゃり型に見えるようです。ふっくら体型よりもスリム体型を、特に体型を気にしている人が多い若者の場合は好むのではないでしょうか。

BMIなどから体型診断を行い、自分の分類を知ることはできますが、その診断で納得できるかは人それぞれの価値判断によります。
体型診断で標準的だと言われても、健康的な体型より、美しい体型を目標としている人ならば、よりスリムになりたいと思うかもしれませんね。

■肥満体型と診断される基準

 

先ほどお伝えしたように標準体型の診断基準としてよく使われているのが、BMIという計算式です。

標準的な日本人のBMIは22であり、25を超えたら肥満体型ということになります。

命に関係する重大な病気にかかりやすいところが、肥満の恐ろしいところです。

 

肥満体型と診断されたまま放置していると、高血圧、動脈硬化、高脂血症などのリスクが高くなります。
腰痛や関節痛を体の中に蓄積された脂肪の重さによって引きおこしたり、生命もおびやかす睡眠時無呼吸症候群などの病気を引き起こしたりします。
体重が多いことだけで肥満体型の診断ができるわけではありません。BMIの診断は身長と体重のみからされるので、計算に入っていない体脂肪率のことは考えられていないからです。
多少太って見えていたとしても、それが脂肪ではなく筋肉だったなら肥満体型とは言えません。

近ごろでは体脂肪率が測りやすくなったこともあり、体脂肪率も診断に併用しているところがほとんどで、かつては体重と身長で肥満体型の診断をしていましたが今がそうでないといいます。

肥満体型には、内臓の周りに体脂肪がついているリンゴ型肥満と、皮下脂肪が多い洋ナシ型肥満があります。

対策も、どちらの体型か診断されることで違ってくるので一度診断してみましょう。

ダイエットのリバウンドを防ぐには