玄米をお米に混ぜてダイエットの効果は本当にあるのか?




■目次

■玄米ダイエットを日常に取り入れる
■発芽玄米のダイエットの威力

■玄米ダイエットはこんな人におすすめ

■玄米ダイエットを日常に取り入れる

 

毎日の食生活に、白米を使うのではなく玄米を取り入れるとそれだけでダイエットになるのは知っていましたか?

それで得られる効果は、ダイエット効果のほかに血流や肝機能をよくしたり、精神を安定させる作用があります。
玄米は白米よりも食物繊維を含んでおり、栄養素としてミネラルやビタミンB群、それからギャバなども含んでいます。

しっかり栄養を摂り、便秘を解消し、無理なくダイエットできるという玄米ダイエットは、単純に白米の代わりに玄米を使用するだけの簡単ダイエット方法です。
ただし、玄米ダイエットはじっくり長期的に行うダイエットなので、即効性を期待する方法ではありません。

時間をかけて体質を改善していきながら、健康的にダイエットを行うのが玄米ダイエットなのです。

玄米を食べ始めて1~2週間もすると、だいたいその効果が出始めます。

知らず知らずのうちに体調が良くなり、体重も減り出しているというケースが多いようです。

玄米には独特な香りがあるので、その香りが気なるという人は、白米をいきなり全部玄米に切り替えると苦痛になってしまうかもしれないので、少しずつ増やして慣れるようにするといいでしょう。

玄米は白米よりも消化が遅いので、満腹感を維持することができ、空腹感によるストレスが少ないのが特長です。
これならば難しいことはなく、楽しく玄米ダイエットができるでしょう。

玄米はダイエット効果だけでなく、豊富な栄養分の働きによって病気の予防もしてくれます。

■発芽玄米のダイエットの威力

 

玄米ダイエットをしたくても、玄米が苦手だからという人は、発芽玄米を使ってみることをお勧めいたします。

さて、玄米と発芽玄米って何が違うのでしょうか。

発芽玄米は玄米が0.5~1mm発芽したものですが、その少しだけ発芽したところがポイントで、玄米の栄養素をぐんとふやしているのです。
食感も玄米よりやわらかく、玄米以上に栄養があり、ダイエットにも健康にも注目されている食品です。

発芽玄米は白米と一緒に炊くだけですが、白米をといだら発芽玄米はとがずに軽くすすいだだけで混ぜるところが注意点です。
栄養素がたっぷりついた米ぬか部分をそのままにしておくために、とがないようにすることが大切なのです。

玄米の栄養素の1つに、神経の高ぶりを抑制するギャバという成分があります。
玄米が発芽すると、このギャバが大幅に増えるところが特徴です。

ギャバといえばイライラを抑え、不眠症にも効果がありますね。
ギャバの効用は、そのほかにも血圧の上昇を抑えたり血液をサラサラにしたりし、また肝臓、腎臓の機能を高めコレステロール、中性脂肪の増加抑制などもするのです。

ギャバの成長ホルモンの分泌をよくする力は、細胞の新陳代謝をよくして美肌効果を生むことにもつながります。こんな美肌効果もある発芽玄米は、カロリーが白米よりも低く、ダイエットには最適ということになります。

■玄米ダイエットはこんな人におすすめ

 

ダイエットはカロリーコントロールが基本ですが、量を減らすだけでは空腹感を避けることはできません。

適度な満腹感を維持しながら、無理なくダイエットしていく方法としては、玄米ダイエットがお勧めです。

ダイエットの目的は、単に脂肪を減らしたいからではなく、もっときれいにスリムに、と願う人がほとんどでしょう。
玄米ダイエットを行うと、便秘が解消され、肌荒れや吹き出物なども改善されるという効果もあるのです。

体重が減るだけでなく、体質が改善されたり成人病を予防することができるのが玄米ダイエットなので、できれば毎日の生活に取り入れるようにしましょう。

玄米のさまざまな力は、豊富に含まれている食物繊維の働きにほかなりません。
玄米にある不溶性食物繊維は噛みごたえがあるため、しっかりかまないと飲み込めないのです。

しっかりかむことで満腹中枢が刺激されるため、満腹感が得られるのです。
食物繊維には腸のぜん動運動を活発にする働きがあるため、便秘が改善されるのです。

便秘が改善されると毒素が排出されて新陳代謝も活発になり、肌もきれいになって健康な体につながっていきます。玄米にはビタミンやミネラルも豊富に含んでおり、造血作用や抗酸化作用などの働きをしてくれます。ダイエットだけでなく妊婦、授乳婦、貧血で悩んでいる方にもおすすめです。

お茶は本当にダイエットに効果的か!?






■目次

■ダイエットにお茶は効果的か?
■お茶ダイエットの方法
■ダイエットにいいお茶の種類とは?

■ダイエットにお茶は効果的か?

 

ダイエットにお茶が効果的であるという根拠はどこにあるのでしょうか。

ダイエットに効果がある秘密は、お茶の成分であるカフェインにあるようです。
集中力の向上はもちろん、運動機能も向上させる作用があるのが、カフェインです。

カフェインには脳を覚醒させる働きがあり、そしてお茶には疲労回復、消化促進、利尿作用、基礎代謝の向上などの効果があります。
ダイエットには特に基礎代謝の向上が不可欠なので、カフェインをお茶から摂取し、さらに運動をすることによって効率的に脂肪を燃焼させることができるのです。

ちなみにお茶は食事で摂取した脂肪分や糖分の吸収を抑制してくれますので、食事と一緒に飲むことを習慣化することがダイエットのポイントとなります。

どんなダイエットにもあてはまることは、適度な運動と規則正しい生活をすることが欠かせないということです。
脂肪が燃焼し始めるのは、運動開始後20分からですから、ウォーキングや軽いジョギングなど、無理なくできる運動を取り入れてみましょう。

お茶にはたくさんの種類があり、それぞれ味や香りそして効能も違うのが特徴です。その日の気分によってお茶を選んでみるのも良いダイエット方法ではないでしょうか。
市販されているダイエットお茶にもたくさんの種類があり、どのお茶が自分に合うのか調べてから購入しましょう。

一番手軽に購入できるダイエットのお茶は普通の緑茶です。高価なダイエットのお茶は出費が気になりますものね。

■お茶ダイエットの方法

 

簡単に誰でもできるダイエット方法の中にお茶ダイエットがあげられます。
お茶で毎日の水分をとるようにするのが、お茶ダイエットのやり方です。

ジュースや炭酸飲料や、コーヒーなどは飲まないようにして、それを全てお茶に変えればよい、簡単なダイエット方法です。もちろん水はOKです。
朝昼夕と三度の食事はきちんと食べながら、お茶ダイエットを行いましょう。

ですが、カロリーオーバーは意味がありませんのでスナック菓子やジャンクフードは避け、もし甘いものが欲しいと思ったならば、前回もお話ししたようにバナナは低カロリーなのでおすすめですよ。

上手にカロリーコントロールをして、食事はバランスよく摂るように気をつけることが大切です。

お茶ダイエット方法の豆知識として、お茶を淹れるのに適しているのは軟水です。
お茶の香りやうまみを引き出してくれるそうです。

お茶を入れるために軟水のミネラルウォーターを使うのも良いですが、やはり出費が気にかかるところです。
水道水は軟水ですが、さらにお茶に適した水にするためには一晩おいてから沸かして使うとよいのだそうです。

おいしくお茶を入れてお茶ダイエットも楽しんでやりたいものですね。
お茶ダイエットは手軽に気軽にできなければ、ついつい面倒になり長続きしませんよね。1日、1週間、1ヶ月と毎日お茶だけ飲んでいては、逆にストレスが溜まってしまいますので、時には自分の大好きな飲み物もいいでしょう。

お茶ダイエットにはたまには休息も必要です。

■ダイエットにいいお茶の種類とは?

 

お茶にはたくさんの種類があり、また市販されているダイエット茶の種類もさまざまです。

いったいどのダイエット茶が適しているのでしょうか。

トクホという言葉を最近よく耳にします。これは正式名称は特定保健用食品で、食生活の改善を助け厚生労働省が認めた食品のことをいいます。

健康への効用を示す表現である健康表示を厚生労働大臣が許可した食品で、効果や安全性が動物やヒトなどへの試験で科学的に証明されたものです。

この食品は偏った食生活の改善を目的としたものですから、毎日の食生活に積極的に取り入れてみることをおすすめします。

さて、ここで少しダイエットに関するお茶の効能について紹介したいと思います。

杜仲茶はトチュウの木の若葉を干して煎じたものです。
中国ではこの杜仲茶を古くから飲用していたそうです。便秘の解消は美肌にもつながるのですが、杜仲茶には利尿作用があり、お通じが良くなり、便秘を解消する効果があります。

知名度ではウーロン茶に匹敵するほど高いプアール茶も中国茶です。
醗酵臭がありますが味はまろやかで甘味があります。
しかし好みは分かれるようです。プアール茶は消化を促進し、脂肪の吸収を抑制してくれますので、油料理と一緒に飲むのがおすすめです。

ウーロン茶には脂肪の吸収を抑制し、食後の血中中性脂肪の上昇を抑制してくれるという効果があります。
これはウーロン茶ポリフェノール含まれておりそれが働くことによるものです。

ダイエットだけでなく、健康を維持するためにも緑茶はいいです。
緑茶に含まれるタンニンには、血中コレステロールや血糖の低下、抗肥満、抗菌作用があるからです。

お茶にはビタミンCも含まれており、抗酸化作用やストレス緩和などの効果があります。
また口臭予防にもなりますし、フッ素は虫歯を予防します。
フラボノイドは血管を強化してくれるので非常に健康に良いものだといえるでしょう。

是非様々なお茶を日常生活に取り入れ、健康的な体作りを目指しましょう。

ブルーな日のイライラ・モヤモヤに☆ルテアナハーブティが効く☆

【DEVATY Herb Re Tea】

バナナで行うダイエット効果とは?



■目次

■バナナでダイエットをする方法
■バナナダイエットでカロリーコントロールをしよう

■ダイエットのバナナはいつ食べるのがいいのか

■バナナでダイエットをする方法

 

ダイエットのためにバナナを活用する方法があります。さてどうして効果があるのでしょうか。

ダイエットにバナナを使うのは、多くの栄養が豊富で植物繊維の多く含む食材でありながら、低カロリーだからです。
消費するカロリーを摂取するカロリーより増やすことがダイエットで目指すところですから、たくさん動くか、あまり食べないかになります。
ですが、何事も極端はよくありません。

極限まで食事の分量を少なくしたり、長時間の激しい運動を続けてはよくありません。
負担が大きいばかりのダイエットを続けてはストレスが溜まる一方です。カロリー調整を上手に行うことがダイエットの鍵となります。

このような難題をうまくクリアしてくれる便利な食材が、バナナというわけです。バナナは一見して高カロリー食材という印象が強く、病人や運動をした人がちょっと食べるのにいいとされていますが、それほどバナナのカロリーは高くないのです。

バナナに含まれている多種の糖質により、エネルギーが長時間供給されるため、病気の人や運動をする人によいとされるわけなのです。
バナナは体力の落ちた時や運動前にはうってつけの食材ですが、それはバナナに含まれている糖類がエネルギーとなるタイミングの違いからくるものです。

また、様々な栄養が含まれている点もバナナのメリットで、バナナは食物繊維やカリウム、マグネシウム、ビタミンB1・B2・B6、ナイアシン、葉酸などを含みます。バランスの取れた食生活を元に計画的にできるバナナダイエットはいい方法といえます。

野菜不足、免疫アップに【バナナ青汁】

■バナナダイエットでカロリーコントロールをしよう

 

バナナダイエットは基本的に朝食をバナナにするだけの簡単なダイエット方法です。
朝食はバナナと水などの飲み物だけ摂って、昼食夕食は普通に摂るという簡単なバナナダイエットですが、カロリーコントロールは忘れずにしましょう。

ダイエットを目指すといっても、ダイエットにいい食品の食べ過ぎはよくありません。
また、カロリーを減らすためには、食事量を減らすことが唯一ではありません。カロリーの高い食材を低いものに交換することで、見た目も劣らず、満足感が得られるようにしましょう。

イライラは体にも美容にも悪いです。
そんな中バナナダイエットのメリットに、バナナの成分にストレス軽減してくれるヒスチジンという物質が入っている点があります。
ダイエットのストレスを少しでも軽くするために、バナナはきっと役に立ちます。

バナナダイエットでは、できるだけ遅くならない時間に夕食を摂ること、水をまめに飲むことが大事です。
バナナダイエットの方法はこれだけのことなので、誰でも簡単に挑戦することができるダイエットです。

朝バナナだけではなく、運動も忘れずにしましょう。
バナナは保存に最適な温度が15度なので、風通しのいい室内で保存しましょう。

バナナの弱点は傷みやすいことで、物に接しているとエチレンガスの効果で傷みやすく、バナナハンガーなどで吊しての保存が理想的です。
バナナは皮が黒くなってしまっても、中は白いままということが多い果物です。外見だけで見限ってしまわず、皮を剥いてきちんと中を確認してみるといいでしょう。

■ダイエットのバナナはいつ食べるのがいいのか

 

朝バナナダイエットというものがありますが、これは朝食時にバナナを食べてダイエットができるというダイエットの中でも結構話題になっているダイエットです。

食べるだけなら1日のどんな時間でも構わないのかもしれませんが、バナナを食べる時間を朝にしている所に意味があります。

朝食をとらない人は、午前中、頭の働きが悪く、体の動きも悪いという結果が出ているそうですが、やはり朝食は1日の活力源です。

夜、休んでいる間もエネルギーは消費されるため、体のためにも起床後にきちんとエネルギーを取らなければいけません。

ダイエット中であれ、それ以外であれ、朝食を食べることは体調維持にも必要です。朝バナナを食べることによって、低カロリーで抑えられますし、十分な栄養を摂ることができます。

バナナ1本が約86キロカロリーで、腹持ちも良いので、カロリーをコントロールしなければならないダイエットにはピッタリの食品です。
バナナは7割が水分であり、食べることにより水分も補給できます。バナナの食物繊維の働きで、便秘を解消してくれます。
便秘はダイエットの大敵ですからおすすめですね。爽やかな1日を送るために、早いうちから体をしゃっきりさせることはダイエットにも有益です。
ダイエットでは甘いものを食べることに抵抗がありますが、バナナは適度な甘味があるので嬉しい存在です。数あるダイエットの中でも健康的でストレスの少ないバナナダイエットに挑戦してみませんか。