肥満体型の人が体重を減らすにはどうしたらいいの



■肥満の人が体重を減らす方法

 

肥満の人にとって体重を減らすことはとても大変なことですが、どのような方法があるのでしょうか。

 

肥満体型の人は、エクササイズやストレッチを利用するダイエットは、やりにくい傾向があります。

肥満の人には特有の行動パターンや食生活のパターンなど根本的な何かが間違っているので、結局はモチベーションを維持できないのです。

体重があるということが原因で、肥満の人は一般の人が行うような運動ができないことがあります。体重のせいで持久力がないのです。

同じことをやると太っているのでエネルギーも余分に消費しなくてはなりません。

そのためにエネルギーが足りなくなって、余計に食べてしまうということが起こりえます。

 

肥満の人が体重を減らそうと思ったらいきなり運動をするという方法はおすすめできません。

生活リズムや食事の内容に、肥満になる要因があるという人はその点から着手していきましょう

運動で脂肪を燃やし、筋肉をつけるのは次の段階です。

肥満に人が体重を減らす場合にはまず毎日の体重を記録することから始めましょう。

日々の体重を記録しておくことで、体重に対する意識が高まり、食事や生活への改善意欲が出てきます。体重を毎日測るポイントは毎日同じ時間帯に測ることです。

1か月ほど記録してみると、何をしたときに体重が増えたのかが分かります。

肥満からのダイエットは、生活や食事の問題点を解決していくこと、ダイエットをするという気持ちを維持することが成功の糸口になります。

■肥満の人が体重を減らす生活習慣

 

肥満の人が体重を減らそうと思ったら、いきなり激しい運動や厳しい食事制限をするのはやめたほうが良いです。

肥満の人であれば、生活態度に改めるべきことが幾つかあるはずです。

肥満の人は食事をたくさん摂っていることが多いのですが、食事のときはとにかくよく噛むことが大切です。

30回噛んで飲みこむ、というペースで食べていきます。

よく噛むことでヒスタミンが分泌されますので、満腹感を感じやすくなり、少ない食事量で満足できるようになります。

肥満の人の体重増加の主な原因は食べ過ぎですから、食事の量が減ればそれだけダイエットにつながるといえます。

食事を摂る時間は、夕食は9時以前になるようにします。

食べる時間が遅くなりすぎると、カロリーが脂肪となって蓄積されやすくなります。

仕事などで夜9時以降しか食事が摂れないという人は、夜食の炭水化物を半分にする、全体の量を減らすなどの工夫をしましょう。

肥満のために食事を少なくしているという人でも、朝ご飯は十分に摂取してください。

朝に物を食べておくことは、減量中でも大事なことです。

朝ご飯を食べることで脳内のセロトニンの量を増やすことができます。

セロトニン不足からくるストレスによる過食を防ぐ効果があるのです。

肥満体型の人は、食事以外の理由で肥満になっていることがありますが、運動量が足りないこともその一つです。

少しでも運動不足を解消するためには日頃からエレベーターやエスカレーターを使わないように意識しましょう。

自分にできる範囲で、あまりきついノルマを課せず、階段を一日一回登るなどの決まりをつくるといいでしょう。

肥満を改善するために体重を減らしていきたい人は、普段からの取り組みが大事です

■肥満の人が運動で体重を減らす場合

 

いきなり肥満の人が体重を減らすのに運動はお勧めできないと言いましたが、

なかなか体重を減らせない原因のひとつにはやはり運動不足が挙げられます

きつい運動で体重を減らそうと思っても、肥満の人はそう思い描いたようにはいかないものです。

肥満の人はまず基礎代謝をアップさせるために、筋力のトレーニングをすることが必要です。

午前中は、筋肉を増強するのに向いている時間です。

朝のうちから代謝を高めることができるためです。

食事を摂る前に筋力トレーニングをすると効果があるので朝食の前に行うのがおすすめです。

肥満の人は筋肉トレーニングから取りかかることによって新陳代謝が向上し、期待したとおりに体重を減らしていくことが可能です。

筋トレが習慣化してきたら有酸素運動を取り入れましょう。

肥満度が高い人はまずウォーキングから始めると良いです。1時間ほどのウォーキングを、平日限定でいいので実行してみてください。

最初はウォーキングだけで初めて慣れてきたら少しずつランニングも入れていきましょう。

ウォーキングは酸素を体内に取り込みながら体を動かすことができるので、脂肪を燃焼させることができます。

長期的に取り組むことで今肥満の人でも太りにくい体質へと変化させることができるでしょう。

肥満体型で、体重を落としたいという人は、食習慣の見直しと、健康的な生活、そこに運動を少々プラスすることです。

今までの常識を変えるアプローチ【デブ菌を減らして痩せ菌を増やす】

 

http://karadanokoto.site/2017/02/19/%e8%b6%b3%e5%a4%aa%e3%82%8a%e3%81%ae%e5%8e%9f%e5%9b%a0%e3%81%af%ef%bc%9f/

http://karadanokoto.site/2017/02/19/55/